通信制大学で取得できる社会福祉系の資格

自分のライフスタイルやペースで学べる通信制大学

高校を卒業後は学費が安い大学を選びたい人や、社会福祉系の職場に転職したいので働きながら資格を取得したい人にぴったりなのが通信制大学です。一般的な通学制大学よりも、通信制大学は学費が安いですし、自宅学習が多い通信制は通学のための交通費もかからないので節約できます。インターネット中心の通信教育を実施している大学も多く、現在働いている人でも無理なく学習をすすめられます。社会福祉系の資格取得を目指すときは、自宅学習とスクーリング、実習が主な学習課程となります。通信制大学には、サラリーマンやOL、主婦などの日常生活が忙しい社会人が多く利用しています。大学ではそれを考慮した、様々なニーズに応じたスクーリングや実習もおこなわれています。スクーリングや実習の日程は、短期集中コースや週末コースなど、自分のライフスタイルに合わせて取り組める授業も多くて学びやすいです。

社会福祉系の通信制大学で取得できる資格とは!?

社会福祉系の通信制大学で取得できる資格は、社会福祉士や精神保健福祉士などがあります。通信制大学により異なりますが、自宅学習やスクーリング、実習などにより、決められた指定科目の単位をすべて履修すれば、受験資格を得ることができます。社会福祉士は福祉や医療、介護などの現場で働くソーシャルワーカーやカウンセラーの役割をする仕事になります。社会福祉士の仕事は、専門知識や高いスキルを身につけないといけないため、それらを修得したことを証明する国家資格が必要となります。精神保健福祉士も国家資格であり、資格を取得したら精神科医療機関や保健所、精神保健福祉センターなどで働けます。様々な事情を抱えた方々の相談援助をおこない、色んな生活支援をサポートします。通信制大学では、社会福祉系の資格をいくつか取得できるところもあり、社会福祉士や精神保健福祉士などの複数の資格を目指す人も大勢います。

小学校教員免許を通信教育でとる場合、大学によって、スクーリングや教育実習、学費などが違うことがあるので、比較検討して選ぶことが大切です。