通信制大学で取得できる教育系の資格

教員免許は教育課程の履修と教育実習で取得可能

教員免許を取得可能な通信制大学は、通常の履修科目に加えて教育課程科目の履修と単位取得を行う必要があります。通信制大学ごとに取得可能な教員免許は異なり、履修可能な科目次第で大きく変わる点に注意しなければなりません。また、最初から幼稚園教諭といった専門性が高い幼児教育に携わる資格を取得するためには、最初から対応している通信制大学を選ぶ必要があります。また、通信制大学では必ずしも教育学部が存在するわけではなく、付属学校が存在しない大学の場合には出身校での教育実習が必須です。このため、教員免許を取得したいと考えて通信制大学を選ぶ場合には、同時に教育実習を行える出身校の有無を確認しなければなりません。もしも出身校での教育実習が行えない場合には、最初から通信制大学に付属学校があるか確認しておく必要があります。

社会教育主事や司書資格も取得できる

通信制大学で取得可能な教育系の資格は、必ずしも教員免許だけとは限りません。社会教育主事は、教育委員会や学校教育を指導する立場となる公的機関へ就職する際に必要となる資格です。このため、通信制大学を卒業後に就職先として公務員を目指すならば、社会教育主事を視野に入れると就職活動に役立ちます。一方、各学校には必ずといって良いほど図書館が併設されているので、司書資格を取得しておくことも可能です。学校図書館司書教諭と公立図書館向けの司書は、別の資格となっているのでどちらを目指すのかチェックした上で通信制大学を選ばなければなりません。教育系の資格取得を目的として通信制大学への入学を行う場合には、具体的にどの資格取得を行いたいのか目星をつけてから通信制大学選びを行う必要があります。